カードローンの審査で気をつけるべきことは?

カードローン審査で落ちてしまう原因は?

カードローンといっても銀行系のものや消費者金融系のものなど様々なものがあります。

 

その中でも、消費者金融のカードローンは、クレジットカードよりも審査に通りやすい傾向にあります。

 

だからといって誰でもつくれるわけではなく、融資を決める審査に落ちてしまうことも多々あるということを覚えておかなければなりません。

 

例えば、自己破産をしているところがあったり任意整理中だったり、他のところからの借り入れしていて多重債務を抱えていたり、そのような場合は社会的信用度が落ちてしまい、消費者金融だろうが銀行系カードローンだろうが審査通過はできません。

 

ただ、消費者金融や銀行によっては借り入れを1本化するおまとめローンを実施しているところも多いので、そうすれば振り込む手間や手数料を節約することができます。

 

収入が低かったり勤続年数が短かったり、年齢が若かったり或いは高すぎたりするような場合も審査基準が厳しくなってしまいます。

 

つまり属性が弱いと、返済能力が低いとなってしまうのです。

 

また消費者金融のカードローンでは、「総量規制」という法律にに基づいて審査が行われます。

 

総量規制というのは、キャッシングできる限度額が年収の3分の1以上になってしまってはいけないという法律です。

 

この法律が作られたことにより、返済能力以上にお金を借りてしまい破産してしまう人が少なくなりました。

 

ただ、カードローン会社の審査に落ちてしまってもその理由を教えてもらうことはできないので、聞いても無駄になります。


イオン銀行と言うネット銀行がカードローンを商品として出しているのですが、OLでも申し込みをすればキャッシングが出来るのでしょうか?

 

イオン銀行カードローンBIGは利用極度額が最大800万円となっている非常に極度額の大きなカードローンです。

 

ただ極度額が最大800万円とはいっても、そこまで利用できるのはかなりの年収が必要になりますから、OLではそこまでの極度額は設定されないでしょう。

 

基本的にイオン銀行カードローンBIGに審査申し込みが出来るのは安定した収入がある人となっています。

 

OLは安定した収入もありますから、イオン銀行カードローンBIGに申込は可能です。

 

問題は審査に通るかどうかです。

 

銀行系カードローンは審査がどうしても厳しくなっていますから、OLとはいえ審査に落ちてしまう危険性もあります。

 

ただ、女性会社員の人は正社員であり、ボーナスなどもあるので、まず審査通過の確立は高いでしょう。

 

ただ、審査時間はイオン銀行に口座を持っていれば最速即日出るとなっていますが、あくまで最速の話であり審査結果が出るまでに時間がかかると思っていていいでしょう。

 

ですから急ぎの場合はイオン銀行カードローンBIGはあまりオススメ出来ません。

 

急ぎの場合や審査にちょっとでも不安があるのなら、消費者金融を利用してみてはどうでしょうか?

 

消費者金融の場合は審査も殆ど即日で結果が出ますし、イオン銀行カードローンBIGより審査がゆるいのでオススメです。

急遽お金が必要になったときに考えるのが、カードローンの即日借り入れ可能なキャッシングでしょう。

 

消費者金融の多くが即日借り入れを可能としていますが、大手消費者金融のプロミスはどうでしょうか。

 

プロミスはテレビCMでもおなじみの消費者金融です。

 

プロミスも即日にお金を借りること可能であり、多くの人が利用しています。

 

ですがそれ以上に気になるのが審査ではないでしょうか。

 

審査に通らなければ借り入れすることはできません。

 

審査が甘ければ、その分借り入れできる可能性も高くなりますし、できれば審査のゆるい消費者金融を利用したいと思うことでしょう。

 

ではプロミスは融資審査の基準が通りやすいのでしょうか。

 

基本的にプロミスは収入が安定していれば借り入れすることができます。

 

決して審査がゆるいということではありませんが、収入が安定しているなら職業は問いません。

 

正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトを問わないのです。

 

職業も会社員をはじめ、農家や自営業、個人事業主、水商売など、特に問われることはありません。

 

収入証明書が必要となりますし、場合によっては条件をつけられることもありますが、基本的に問題ないと思っていいでしょう。

 

プロミスでキャッシングをしたいなら、安定した収入が第一条件であるということを念頭に、口コミなどを見て検討しましょう。

せっかく授かった命であっても、残念ながら中絶を選択せざるを得ないこともあります。

 

経済的理由であったり、性的暴行の結果の妊娠、赤ちゃんに問題があるため母体に危険が及ぶと医師が判断したためなど、中絶の理由は様々です。

 

決して親の都合による理由だけで行われるのが中絶ではありません。

 

しかし中絶の問題は心のケアや理由だけではありません。

 

中絶にかかるお金・費用の問題もあります。

 

実は中絶は保険が適用されませんので、妊娠初期の中絶でも10〜15万円かかります。

 

急遽このお金を用意するのが大変だ、という方もいらっしゃることでしょう。

 

また中絶も中期に入ると普通分娩と同じ形で行われますので、費用は普通分娩と同じだけかかります。

 

この場合の費用は50〜100万円といわれています。

 

では急遽用意できないこのお金をどうすればいいのでしょうか。

 

ここで考えたいのが消費者金融や銀行系カードローンからのキャッシングです。

 

毎月少しずつ返済すればいいので、急に必要となった出費に対応することができます。

 

実際、病気療養目的で利用する人も多いので、中絶費用として利用することも問題ありません。

 

特にお金のない人にとって、中絶費用は大きな負担となりますので、カードローンの利用を検討するということは大きな助けになるでしょう。

続きを読む≫ 2015/01/01 21:59:01

出産費用は昔に比べると非常に高くなっています。

 

出産手当が35万円になっても、引き上げられた分、病院が設定する出産費用が上がっていますから、補填することも難しくなっています。

 

地域差はあるものの、出産費用は50〜100万円かかります。

 

計画的に貯金をして出産に望んだ人なら問題ないのでしょうが、授かり婚や2人目以降、切迫早産などによって思わぬ入院生活を余儀なくされたなど、お金がない方にとっては死活問題でしょう。

 

退院するときに書類をあらかじめ提出しておけば、社会保険から35万円を病院側に支払ってくれるシステムもありますが、導入していない病院もあれば、不足分は結局自己負担となります。

 

つまり、出産手当の35万円でまかないきれない15〜65万円を準備しなければならないのです。

 

出産費用が足りないという場合、やはり急遽準備するのは大変なことです。

 

それなら消費者金融や銀行のカードローンを利用し、10〜20万円程度あらかじめキャッシングしておくといいでしょう。

 

毎月少しずつ返済すればいいのですから、急遽必要となった出費にも対応できます。

 

実際にローンの種類の中には病気療養目的のものもありますので、出産費用目的に借り入れすることは問題ありません。

 

お金の心配をすることなく、みんなで安心して赤ちゃんを迎えてあげませんか。

続きを読む≫ 2015/01/01 21:56:01